注文住宅を建てる前の調べでわかったこと

PR| 耐震のある注文住宅なら前橋市で注文住宅を建てたい |

注文住宅で家づくりをするにあたって私が調べたことの中で、実際はこうなんだなとわかったことがあります。その一つが空調についてです。四季がはっきりしていて1年の温度差が激しい日本では、家で快適に暮らせるかどうかは空調設備次第だと思っています。だからこそ家を建てる時にはどんな設備が良いのか調べました。どのハウスメーカーの公式サイトにも良いところしか書いていないので、概要を掴むくらいがちょうど良いのだとわかりました。しかし、かといってレビューも良い意見と悪い意見とが真っ向からぶつかっていて、人それぞれだなということもわかりました。ではどうすれば良いのか。最も良いのは、宿泊体験ができるモデルハウスに行くことだという結論が出ました。注文住宅の場合は一軒一軒違うのでこれも一概には言えないのですが、行かないよりはマシでしょう。あえて真夏日に行ったり、極寒の中に行くことをオススメしたいです。
これによって私がわかったのは、日本の家は夏は暑い!ということです。エアコンは必須ですし、これからはもっと暑くなっていくでしょうから、家の性能だけでなくエアコンの性能も考慮して寿命が来たら変えていくのが最もコスパが良いと感じました。一方冬は、エアコンだけでなく床暖房やストーブ、ホットカーペットなどなど様々な器具があるので家の中は比較的暖かくできることもわかりました。
断熱材の材料や厚みであったり、C値やQ値を公開しているハウスメーカーだとしても、暑い時は暑い!寒い時は寒い!のです。今高断熱で大手のハウスメーカーは一条工務店と言われていますが、そこの口コミにだって暑いとあれば、日本でもう涼しい家を建てられるハウスメーカーはないのでしょう。そこは妥協点として、性能の高いエアコン選びに移行した方が良いと学びました。過ごしやすい環境を全て家に任せるのは酷なようですね。いくら宣伝していても、実際に住んでみると予想より悪いということはどこのメーカーでもあるようです。

PR|お家の見直ししま専科住宅リフォーム総合情報SEOアクセスアップ相互リンク集お小遣いNET健康マニアによる無病ライフ英語上達の秘訣生命保険の口コミ.COM童話工務店向け集客ノウハウオーディオ内職 アルバイト女性の生き方マーケティング経営研究.net