家づくりに際して子供のために気を付けたこと

私は、大津市に注文住宅を建てたことがあるのですが、家づくりに際して子供のために気を付けたことがあります。まずは、家づくりをする際に、子供には危険が無いようにするということを考えて家づくりをしました。
たとえば、ちょっとした段差があれば、子供が落ちてしまいますし、なるべくバリアフリーで過ごせる家ということを心がけました。
また、家づくりの際に、階段にも気を配りました。子供の階段からの転落事故は多いといわれていますし、うちでも避けたいと思っていました。このため、階段でも、板と板の間が抜けている階段がモデルルームでもオシャレといわれていましたが、そういった階段は子供が隙間から落ちてしまいそうなので、止めておきました。また、階段の形状にも気を配りました。まっすぐな階段は子供がストンと落ちてしまいやすいと営業マンの方に言われたので、なるべく曲がった階段にして、もしもこけてしまっても、途中で止まるように工夫しました。